訳ありカニの苦悩

訳ありカニの苦悩

最近、通販などでよく見かける「訳あり商品」

一見普通商品と変わらないが、どこかに欠陥があり売り物にならなくなったものを売り、価値自体は普通の商品とはあまり変わらないということ

経済不況のあおりを受け、しみじみと節約生活をしている私にとってはすごくありがたい商品です

そして、私が目をつけた訳あり商品は「訳ありカニ」です。

その詳細は、脚が1本無くなっていたり、折れてるカニや甲羅にヒビがあったり身入りにばらつきがあるカニで

見た目は少し悪いだけで、味とボリュームは変わらず満足できるということだったので断然お得と思い、迷うことなくすぐに購入しました

カニを食べるなんて久しぶりなことで、子供のようにわくわくしながらカニが来るのを待っていました。

ですが、届けられた訳ありカニは訳ありだらけのカニでとても商品とは呼べないようなカニが送られてきました。

なにが訳ありだらけかというと・・・

身が少なく極端に痩せていて、火を通すと身が縮んでしまいスカスカなってしまい、挙句の果てには臭くて、かなり美味しくないものでした

やはり、通販なだけに実物を見ることができないから、こういったミスが起こってしまうのだと改めて身にしみました。

あと、業者によっても違うらしく、ちゃんとした良心的な業者であれば、見た目だけが悪い美味しい「訳ありカニ」を買うことが出来るのですが、あまり良心的ではない業者だと私が経験したような結果になってしまうようです。

ちゃんと店舗などもしっかり調べてから購入することをお勧めします。

サラ金
http://b.hatena.ne.jp/entry/mirukoko.net/cardloan/592.html


<<前のページへ   次のページへ>>