我が家のかに鍋

我が家のかに鍋

家族全員がかにが大好きなので、かに鍋は冬の定番です。最近は産地直送でいろいろなかにの取り寄せができるようですが、我が家ではかにの購入はもっぱら目利きの母の役目です。小田急線沿線に住んでいますが、最寄りのスーパーでいいかにが手に入ります。そのコツはとにかく店の人と仲良くなることです。母は行きつけの店を2件ほど厳選し、普段からよくそこで買い物をします。そしてその鮮魚店の店長さんに手作りのお惣菜を持っていくほど、なかよしになります。そうするとむこうもいいかにが入った時にしか勧めません。ですから私たちは身がすかすかだったかには食べたことはありません。

我が家ではかに鍋にたらばやずわいは使いません。母が生きた毛ガニしか食べないからです。鮮度のいいかにが手に入った時は、まずその活き毛かにを無水鍋で焼きます。ゆでるのではなく蒸す感じです。永年使い込んだ無水鍋にアルミホイルを敷いて、鍋が熱くなったところに活きたまま毛がにをいれます。このまま食べる場合はここでしっかり火を通しますが、鍋にする場合は少し短めの時間熱を加えます。さわれるくらいまで冷めたら、これに包丁をいれて食べやすい大きさにばらしていきます。

たらばがにやずわいがにでしたら、脚が大きくて太いので、テレビでよく見るように片側からズバット身が取り出せますが、毛かにはそれほど大きくないので、いちいち細い脚から身をほじくらないとなりません。はっきり言って面倒です。一度は家でのかに鍋にたらば蟹が使ってみたいと思います。しかし、味の良さはぴかいちです。毛がにから味が出て、白菜やお豆腐も本当においしくいただけます。是非お試しください。

有料老人ホームにいこう
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mirukoko.net/cardloan/021.html


<<前のページへ   次のページへ>>